【行動まで移せてる!?】PDCAサイクル徹底解説

【行動まで移せてる!?】PDCAサイクル徹底解説

「PDCAサイクル」という言葉をご存知ですか?

「PDCAサイクル」という言葉をはじめて聞く方は、何なんだろうと全くわからない言葉だと思います。

また、PDCAサイクルをご存知の方も多いとは思いますが、
実際に行動するとなると難しいところです。

そんな方々のための「PDCAサイクル」についてご紹介していきます。

PDCAの本質を自分なりに理解して、行動にうつしていきましょう。

今回の記事では下記のような悩みを解決します

・改めてPDCAがどのようなフレームワークなのか

 

・効率が悪く、日々の作業が捗らない

 

・成長が実感できない

PDCAサイクル(ピーディーシーエー)とは

PDCAサイクルは、多くの企業で採用されているセルフマネジメントフレームワークです。

PDCAという言葉は、
Plan(計画)
Do(実行)
Check(評価)
Action(改善)

の頭文字を取って、構成されています。
意外とシンプルですね。

このような場面で使われるフレームワークは、
頭文字などをとって形成される言葉は多いです。

Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)のサイクルを繰り返し行うことで、継続的な業務の改善を促すフレームワークです。

「PDCAサイクル」という言い方もありますが、
これはPDCAの最後のステップ、Action(改善)が終了したら、また最初のPlan(計画)に戻って循環させることを意味しています。

PLAN:計画する

まず、初めのステップでは、
全体的な流れや目的を設定するための計画を行います。

Planで重要なことは、
・目標の設定
・目標を達成するための業務計画の作成

目標と言っても、解決したい課題や達成したい目標など様々あります。
そして、目標における情報を収集し、解決策を考え、計画を立てていきます。

この時に定性面と定量面から考えていくと良いでしょう。

5W2HやSMARTの法則を用いることで、さらに具合的に分析することができるでしょう。

DO:実行する

「Do(実行)」のステップでは、
「Plan(計画)」で立てた目標や計画をもとにした実行を意味しています。

ただ実行するだけでなく、試行錯誤しながら取り組む方がベターでしょう。

「Do」では、
計画を実行に移してみた結果、
それが有効だったのか、もっと他の方法が考えられないか?
などを検証・評価するステップ
でもあります。

よって、
一度にすべてを行わないことが理想です。
余計に効率悪くなってしまうことも考えられますし、施策が本当に有効だったのか検証しにくいからです。

目標に対しての進捗具合や定量的に立てた目標を記録し、成長具合を可視化するようにすることがポイントになります。

CHECK:検証・評価する

Check(検証する)では、
・設定した目標や業務計画が達成できているか
・計画通りに実行できたか

などを評価するステップです。

計画通りに進まなかった場合は、その原因の分析をします。
→課題と行動分析が最も重要なポイントです。

計画通りに事が進んだ場合も、
なぜ成功したのかを分析しましょう。

抽象化することで、他のプロジェクトでも応用でき役に立つことがあります。

課題や定量化した目標を具体的根拠として、
具体性を持った検証結果としてまとめることが大切です。

ACTION:改善する

Action(改善)では、
Check(評価)で考察した分析や課題について改善点を考えていきます。

改善点を考える際には、
5回のWHY分析やロジックツリー などを用いて、分析して考察すると良いでしょう。

PDCAサイクルのメリット

課題や改善点を明確に

PDCAサイクルを回す基本に、
現状の課題や目標、そのために自分が何をしなくてはならないのか。
などの思考を巡らせる必要があります。

そのため、数値的指標などを用いて明確に目標設定を行うことで、
・目標や問題解決のためのプロセスを明確にする事ができます。
・個人や組織の明確な目標を掲げることができます。

目標ややることが明確に

PDCAサイクルを回すためには、課題や目標の設定が必要不可欠です。
そのために、課題や目標をタスク化することによって、
明確に自分は何をするべきなのかなど明らかにする事ができます。

これは、やる気をあげたり、モチベーションの維持につながります。

具体的なTODOに落とすことで、行動に集中しやすくする。

TODOやタスク化することにより、
時間の使い方や効率良く作業する事ができます。

これにより、大きな目標に五里霧中で突き進むより、
細かく目標設定する方が、遥かに効率よく、集中しやすくなります。

PDCAサイクルのデメリットと失敗

定量と定性

特にCheck(評価)をする部分で言える事ですが、
定量的な目標や課題がなければ、評価・分析ができません。

定性面と定量面双方から考える事を意識しましょう。

主観のみで分析をしている

一人で評価や課外分析をしていると、不足や漏れがあったり、
課題に対しての方向性がずれてしまったりすることもあるでしょう。

しっかりと第三者からの意見も大切にしていきましょう。

まとめ

PDCAサイクルは、全ての業界だけでなく幅広い状況で問題を解決することができる簡単で効果的な方法です。

ポイントを抑えておけば、誰でも効率よく行う事ができるので、意識して活用してみてください。

Upworkstyleでは、様々なマーケティングやビジネスモデルなどをご紹介しております。

また、我々と共に働ける方を大募集しておりますので、
お問い合わせよりご連絡くださいませ。

ビジネスフレームワークカテゴリの最新記事