最適な事業戦略を考える「7S」とは?図解で徹底解説

最適な事業戦略を考える「7S」とは?図解で徹底解説

「7Sっていうフレームワークって?」

「事業戦略や起業の成功方法が知りたい」

本記事は、上記のような人にために書いています。

フレームワークを学んでも、実際に活用することはなかなか難しいですよね。

多くの事例を含めて紹介するため、なかなか自分でやるには難しいと思う方も安心して読んでいただけます。

本記事の内容

・7Sについて解説

・7Sの注意点

・7Sの活用事例を紹介

7Sとは?

7S分析

7Sとは、組織マネジメント(組織の改革・課題解決)を考えるうえでのフレームワークです。

7Sのフレームワークは、世界的に有名なコンサルティングファームであるマッキンゼー・アンド・カンパニー社(マッキンゼー社)が提唱しています。

7Sとは、
企業は、3つのハードな経営資源と4つのソフトな経営資源があるととらえ、それら7つの資源をからそれぞれの企業に最適な事業戦略を考えるというフレームワークです。
経営者や組織変革コンサルタントなどに幅広く使用されています。

以下が、マッキンゼー社が提唱する7つの経営要素です。

・戦略(Strategy)

・組織(Structure)

・システム(System)

・スキル(Skill)

・人材(Staff)

・スタイル(Style)

・価値観(Shared Value)

7Sを活用することで、課題の洗い出しや改善に活用することができます。
また、それぞれの要素間の連携を円滑にする効果もあるため、組織全体のマネジメント力を高めることができます。

ソフトの4Sとハードの3S

それでは、7Sの経営要素の種類について具体的にご紹介していきます。

組織変革に取り組む際、戦略や組織といった「ハード」と、人材やスキルといった「ソフト」の両面から考察していきましょう。

今では、ハード面とソフト面の両方から考えて、組織戦略を組むことが当たり前とされてはいますが、この7Sが作られた当時は、組織の戦略や構造などのハードのみを新しく見直すことが主な解決方法であると考えられていました。

なので、この7Sが提唱された時は、画期的なフレームワークに間違いありませんでした。

ハードの3S
・戦略(Strategy)
・組織(Structure)
・システム(System)

ソフトの4S
・スキル(Skill)
・人材(Staff)
・スタイル(Style)
・価値観(Shared Value)

7つのSがもたらすもの

この7つの要素、実は開発当初は別の表現が用いられていましたが、今回はこの7Sの名づけの親であるアンソニー・エイソス氏が共著となり7Sモデルが紹介されている著書、『ジャパニーズ・マネジメント』に掲載されている7つのS要素をご紹介します。

7S要素

戦略(Strategy)ある一定の目標を達成するために立てられる企業の限られた財的・人的資源の配分を目的とした一定期間の計画ないし行動方針
機構(Structure)組織のしくみの特徴(機能的である、分権化している、など)
システム(System)一定の報告パターンおよび会議形式のようなルーティンな方法
スタッフ(Staff)企業内の人員を重要な職種・特質別に分類・配分すること(たとえばエンジニア、企業家型、管理のプロなど)。ライン対スタッフといった意味合いではない
経営スタイル(Style)経営幹部が組織の目標をどのように達成するかという特徴、およびその組織の文化的特質
経営スキル(Skills)経営の中心人物ないし企業全体の持つ顕著な能力
上位目標(Superordinate Goals/Shared Value)組織がその構成員に植え付ける理念あるいは指標となるような概念
(出典:リチャード・T・パスカル、アンソニー・G・エイソス、深田祐介訳.(1981). 『ジャパニーズ・マネジメント』 (pp.103). 東京: 講談社.)

7Sを導入するに当たっての注意点

7Sを導入するにあたり「なぜ?」の視点を持つことが最も重要です。

例えば、とある居酒屋が経営難に陥っているための改善策を考えるために、何でその戦略を採用するに至ったのかなどを深掘り続けることで、戦略と密接に関係する人材やスキルなどの利点や課題などが洗い出せるようになります。

また、7Sは1つの経営要素それぞれが独立しているのではなく、組織全体における様々な経営要素との密接に関わり成り立っています。

そのため、改革を行う1つの経営要素だけでなく、それに関わる全ての経営要素を考慮しながら組織マネジメントを行う必要があります。

特に、このフレームワークの7つのSは、簡単に変更ができないからこそ、最初に定めておき、共通の価値観やスタイルを決定するようにしましょう。

7Sは、どれかが重要というわけではなく、バランスよく影響し合っていることが最も大切です。

7Sを用いた事例

APPLE

スティーブ・ジョブズが指揮を執っていた1997年から2011年の期間中、すべてが彼を中心に展開していました。
しかし、2011年8月にTim CookがCEOの役割を引き継いだ後、Appleの組織構造と文化は、自律性組織(すべてのレベルの従業員の意思決定により働ける)が採用されました。

Appleの組織構造は、あまりに大きすぎるため、依然として大部分が階層的であることに変わりはありません。

アップルの組織構造には、上級管理職による強力な管理、昇進の機会による従業員のモチベーション管理、社内の権限と責任の明確な分割などの特定の利点がありますが、
それと同時に、ビジネスの柔軟性の欠如やビジネス全体のコミュニケーション効率の低下など、特定の欠点があります。

こういった背景から、アップルの事業運営は、従業員の選択と採用、従業員の業績評価、チーム開発、オリエンテーションシステムなど幅広いシステムを採用しています。

Apple Incレポートには、Apple McKinsey7Sモデルの完全な分析が書かれています。SWOT分析や、ポーターの5フォース分析、Ansoff Matrix、Appleのバリューチェーン分析などのビジネス研究における主要な分析戦略フレームワークの適用を示しています。

さらに、アップルのリーダーシップ、ビジネス戦略の組織構造、組織文化の分析、アップルのマーケティング戦略、エコシステムについての議論も含まれており、企業の社会的責任の問題もあります。

少し難しいところもありますが、気になる方はチェックしてみてください。

APPLEの事例については、こちらも参考にさせて頂いております。

まとめ

今回はマッキンゼーが提唱する7Sについて、組織マネジメント(組織の改革・課題解決)を考えるうえでのフレームワークをご紹介しました。

課題が生じた際に、最も変化が難しい7つのSを抑えることは非常に大切で、浸透させることも難しいですが、それぞれを密接に関わっていることを念頭に置きながら、導入していただけると幸いです。

以下の情報サイトから7Sの活用事例もありますので是非ご参考にしてください。

Upwiorkstyle では、皆様のお役に立てるマーケティング やビジネスモデルなどの情報を随時配信しております。

皆様のお役に立てれば幸いです。

Upworkstyleでは、私たちと一緒に働きたい方を大募集しております。
マーケティングに興味のある方、コピーライティングに挑戦したい方、経営を学びたい方など応募お待ちしております!

経営カテゴリの最新記事