今更聞けないGit Hubって?ビジネスモデルから徹底解剖

今更聞けないGit Hubって?ビジネスモデルから徹底解剖

「Git Hubってよく耳にするけど何のこと?」

「プラットフォームビジネスの成功方法が知りたい」

本記事は、上記のような人にために書いています。

最新ビジネスモデルを学んでも、実際に活用することはなかなか難しいですよね。

多くの事例を含めて紹介するため、なかなか自分でやるには難しいと思う方も安心して読んでいただけます。

本記事の内容

・Git Hubのビジネスを解説

・プラットフォームビジネスの注意点

・Git Hubと似た事例を紹介

Git Hubって?

Git Hubを聞いて何を思い浮かべますか?

インターネットサービスは、どのような仕組みで動いているかを知ってますでしょうか。

どんなインターネットも「ソースコード」と呼ばれる、プログラミング言語を用いて、プログラマーがコンピューターにわかる言語で書き上げた文字列から成っています。

そのため、言語やコード、ツールなど開発者によって書き方は様々あり、開発方法が異なります。

GitHubとは、開発プラットフォームであり、開発に必要なソースコードを共有し、ソフトウェアの共同開発をしやすくするためのプラットフォームです。

また、Git Hubの良いところは、ただソースコードやプログラムを共有できるだけでなく、コミュニティーやWikiなどのサービスを一つにまとめ、世界中の開発者達が、インターネット上で異なった方法や言語でも同一のサービスを使って簡単に共同開発することができるようになりました。

今まで、「エンジニア間のコミュニケーション」にコストが取られていたことを大幅に削減することに成功しました。

Git Hubは、あのMicrosoftに8200億円で買収され、アメリカのホワイトハウスでも使われているほど注目を浴びています。
今となったら世界中のIT関連では、Git Hubは必須になってくるでしょう。

Git Hubのビジネスモデル

GitHubのビジネスモデル

さて、そんな革新的なGit hubのビジネスモデルを探りましょう。

オープンソースプロジェクトのようなフルオープンなプロジェクトは誰でも無料で利用でき、Gitインタフェースを介してリポジトリ(データの貯蔵庫)にアクセスすることが可能です。

一方で、個人や企業がロジェクトを運用する場合、上記のような有料プランが用意されています。

プランの種類は、以下の3つが用意されています。

・Developer(Personal):個別アカウント
・Team:チーム単位での契約
・Business(GitHub Enterprise):組織がサポート付きでフル機能を利用可能

基本的にはDeveloperやTeamで個別契約を取りつつ、法人向けにGitHub Enterpriseを販売して収益の柱とする戦略になっています。

Git Hubの強み

上記の画像の青色の部分がGit hubです。

Git hubと同類のサービスは多くあったが、約15年を振り返れば一人勝ちといっていい勢いがあることがわかります。

では、この強さの秘密は何なのか? 

なぜGit Hubはここまでに成功を治めることができたのでしょうか。

「GitHubの共同創業者の1人でCIOのスコット・チャコン氏は、それには2つの要因があるといいます。

一つ目に、当時はGitを使っているというのが最大の差別化でした。Gitのホスティングサービスは、ほかに1つしかなかったですし、それは非常に使いづらいものだったことです。

分散して協業するための基盤として、Gitは従前のバージョンコントロールソフトとは一線を画していました。
権限のある人々が、どこか1箇所にあるレポジトリに読み書きするのではなく、Gitでは分散したレポジトリを好きなだけ作れて、それぞれの参加者、あるいは通りがかった人が自由にレポジトリをコピーして読み書きし、その結果を“pull request”(編集の取り込みのリクエスト)できる。
Linuxカーネル開発向けに設計されたGitは、ネット上の協業モデルとして大きな成功を収め、今もソースコード管理のデファクトとしての地位を日々高めつつあります。(少し古い記事ですが、この辺りの事情は詳しくは「ソーシャル化するOSS開発者たち」を参照してみてください)。

二つ目に、従来のホスティングサービスとGitHubの違いは“開発者フォーカス”だという。

SourceForgeやGoogle Codeでは、フォーカスはプロジェクトにあります。また、コードやプログラムをダウンロードして消費する人の側にフォーカスがあるのです。一方、GitHubは開発者フォーカスです。コードを書いていて、シェアする人たちのためのサービスなのです。

GitHubは、ソフトウェアをダウンロードしてコードの中身を見ることもなく使うためのサイトではなく、
コードを通して、「何か手伝いたい・学びたい・シェアしたい」ということを考えています。
それが最大の違いであり、GitHubは開発者向けということが見受けられます。

Git Hub共同創設者が来日の際の記事はこちら

まとめ

GitHubは、エンジニアのプログラミングや開発の際、コミュニケーションや協業が難しいという課題に答える開発プラットフォームとして機能しています。

昨今では、アイデアやスキルなどが特に重要視される時代だからこそ、複数人で協力しあい、タスクを処理したほうが効率的かつ質の高い仕事ができるのは確かです。

時代に合わせたサービスを展開にし、人々の目に止まるサービスを考えるためには、いかに開発者側の当事者意識を持つことが大切かということも同様に学びことができました。

Upworkstyleでは、様々なマーケティングやビジネスモデルなどをご紹介しております。

また、我々と共に働ける方を大募集しておりますので、
お問い合わせよりご連絡くださいませ。

経営カテゴリの最新記事