セブンイレブンが採用するドミナント戦略とは?活用法も解説

セブンイレブンが採用するドミナント戦略とは?活用法も解説

「ドミナント戦略ってなに?」

「大手コンビニが急拡大した理由は?」

本記事では、上記のような悩みを解決するために書いています。

大手企業の拡大の方法を知ることはなかなか難しいいですよね。

今回は、マーケティングや経営の知識がなくてもわかるように解説いたします。

目次がありますので、既に知っている部分はスキップして読んでいただければと思います。

ドミナント戦略とは?

ドミナント戦略とは、チェーンで展開するお店が一つの地域に集中して出店する戦略のことです。

ドミナントとは、英語でdominantと表されて、優勢である」「支配的なという意味です。
また、集中して出店されている地域のことを「ドミナントエリア」と呼びます。

ドミナント戦略を行うと、特定の地域に絞り出店するのでシェアを確実に獲得することができます。

コンビニやスーパーなどの市場を獲得することが難しい卸売業で、よく採用されています。

ドミナント戦略は、「セブンイレブン」「スターバックス」なども採用する戦略です。
それぞれの企業事例はのちほど解説します。

ドミナント戦略のメリット

地域での知名度が向上

ドミナント戦略を活用することで、地域での認知を拡大することができます。

一つの地域に集中することで、その地域に住む人が店と遭遇する機会が必然的に増加します。
機会が増えることで、ザイオンス効果により店への信頼感が向上します。

ザイオンス効果とは、同じ物・人物に接触する回数が増えるほどに、その物・人物に対する好感度・親近感が高まりやすくなる心理効果です。

全国的にみて知名度が低い企業でもドミナント戦略を活用することで地域での認知を拡大することができ売り上げの安定化が可能になります。

配送効率が高まる

ドミナント戦略により、集中して店を出店することで配送効率を改善することができます。

店同士が離れて展開していると、配送時間がかかってしまいますが、集中して店舗展開をしていると、配送センターからの距離も近くに配置することができ商品の鮮度を高めることができます。

エリアマーケティングの最適化が可能

それぞれの地域で、需要は異なります。

つまり、全店舗で同じマーケティングの方法を採用していると、地域により効果に差が出ます。

ドミナント戦略を行なってると、特定の地域の需要に合わせたマーケティングやプローモーションを行うことができ、費用対効果が高い施策を行うことができます。

ドミナント戦略のデメリット

災害時に被害が大きい

ドミナント戦略は、災害時の被害が大きくなり経営影響を与えやすいです。

複数店舗を複数の地域にばらけて、出店している場合だと1店舗の経営が危うくなってしまっても、他店舗で補うことが可能です。

しかし、ドミナント戦略の場合、地域に絞って経営しているので大きな震災などの被害が大きくなる傾向にあります。

災害が多い地域は特に、万が一に備えて経営資源を蓄えておくことをオススメします。

顧客の奪い合いが起きやすい

店舗同士の距離が近すぎてしまうと、「カニバリゼーション」という状態に一入りやすいです。

カニバリゼーションとは、同一企業で顧客の奪い合いが起こっている状態のことです。

カニバリゼーションを防ぐためには、出店距離を十分に考慮したドミナント戦略を行うようにしましょう。

地域の状況に影響されやすい

ドミナント戦略は、地域の特性の影響を受けやすい状態です。

例えば、「近くに大型ショッピングモールが開店した」「交通状況の変化」が挙げられます。

このような地域の特性の変化により、急に売り上げが低下するケースがあるので、地域の情報をなるべく早く取り入れ対応するようにしましょう。

ドミナント戦略を採用する企業

ドミナント戦略とはどんなものか、メリットやデメリットについて解説しました。

ここでは、実際にドミナント戦略を利用している成功企業をご紹介します。

ビジネスの現場では、戦略通りに物事が進むことが難しいです。
市場の状況や、経営資金を考え臨機応変に対応する必要があります。

成功している企業を参考にし、知っておくことで多様な状況に対応できるようになります。

セブンイレブン

セブン-イレブン | 使えるお店 | 【公式】ギフトといえばQUOカード(クオカード)
出典:セブンイレブン

セブンイレブンは、創業当初からドミナント戦略を採用し店舗数を拡大してきました。

コンビニ全体で1990年までは、全国に約2万店以下の店舗数でしたが、2017年時点では7万店舗に迫る勢いとなっています。

特に都心に密集しており、それぞれのニーズに合わせて商品の陳列を変更することで、対応しています。

しかし、近年のコンビニの拡大が促進することで、地域ごとにレッドオーシャンを引き起こしています。
エリアによっては、店舗の2km圏内に10店舗のセブンイレブンが密集しているエリアも増加しています。

レッドオーシャンを避けるために、戦略の見直しが求められています。

スターバックス

河川敷にスタバ 埼玉・入間川左岸に今年出店 - 毎日新聞
  出典:毎日新聞

スターバックスもまたドミナント戦略を採用している企業の一つです。

現在新宿区では、スターバックスが27店舗密集しているようです。

新宿というビジネス街では、スターバックスのようなサードプレイスの需要が高いことで27店舗という複数店舗を展開できていると言えるでしょう。

密集することで、スターバックスはブランド力の向上物流コストの削減を可能にしています。

ドミナント戦略の必要な4つの調査

・人口増減
・夜間と昼間の人口差
・競合調査
・需要特性

ドミナント戦略の注意点

ドミナント戦略は、万能ではありません

市場が飽和状態にある場合に、特定の地域での認知を拡大し市場を獲得するための目的では効果を発揮します。

逆に、それ以外の目的でドミナント戦略を採用すると、費用が無駄にかかってしまうなどのデメリットもあります。

使用する際は、なぜ使用するのかを論理的に説明できるようにしましょう。

また、ドミナント戦略と似ている戦略で「ランチェスター戦略」というものもあります。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は、コンビニや大手チェーン店でよく見かけるドミナント戦略について解説しました。

ドミナント戦略を目的に応じて使用することで、爆発的な効果を発揮しますが、目的とずれてしまうと、失敗してしまうメリットとデメリットは常に背中合わせです。

フランチャイズ経営を行うさいには、一度検討してみても良いかもしれませんね。

本記事が皆様のお役に立てれば幸いです。
ありがとうございました。

マーケティングカテゴリの最新記事