【徹底比較】コンビニ業界のビジネスモデル解説|大手3社を徹底比較

【徹底比較】コンビニ業界のビジネスモデル解説|大手3社を徹底比較

「コンビニってどんなビジネスモデルだろう?」

「大手3社の違いはなんだろう?」

「コンビニはどうやって市場拡大したのだろう?」

本記事は、上記のような悩みを解決するために書いています。

コンビニのビジネスモデルを学んでも、自社の経営に何か変化ある不安に思う人も多いでしょう。

コンビニのように成長した企業には、共通した点がいくつかあります。
本記事では、成長する企業の共通点を初心者にもわかりやすく解説しています。

コンビニはフランチャイズ運営

コンビニのビジネスモデルは、フランチャイズと呼ばれるモデルです。

フランチャイズとは、独自開業を目指す人を対象とし、自社ビジネスモデルのノウハウや、製品仕入れの代行を提供してその対価としてロイヤリティ収益を得るビジネスモデルです。

フランチャイズには、「小売系フランチャイズ」「サービス系フランチャイズ」の2種類あります。

コンビニは、小売系フランチャイズであり、店舗運営のノウハウと販売する商材そのものを本部から加盟店に提供する形態です。

フランチャイズ経営のメリットは、短時間で複数の店舗を早く出店できることです。
コンビニのような企業は、「どこにでもある」や「いつでも行くことができる」が強みであるため、フランチャイズ運営との相性が良いです。

フランチャイズの場合は、店舗に置く設備品、販売する製品の仕入れ、物流計画・発送などの本部が手配します。
本部が高い製品調達能力マーケティング能力製品開発能力を持つことが前提条件となります。

大手3社との違いは?

コンビニの大手チェーンといえば、「FamilyMart」「セブンイレブン」「LAWSON」の3大大手ですね。

この3つのコンビニチェーンですが、それぞれ少しずつ違う戦略を行なっています。

それぞれどんな強みがあり、どのようにして成長したのかを比較しようと思います。

セブンイレブン

全国のセブン-イレブンでPayPayが使えるようになりました! - PayPayからのお知らせ

セブンイレブンは、ドミナント戦略を採用しています。

ドミナント戦略とは、一部の地域に集中して出店する戦略のことです。
「ドミナント(dominant)」は、「優勢である」「支配的な」という意味です。多店舗出店している地域を「ドミナントエリア」と呼びます。

セブンイレブンは創当初から、ドミナント戦略を採用しており、一つの地域に密集して多数出店しています。
家の周りにセブンイレブンをよく見かけると言う方は、偶然ではなく、必然的にドミナント戦略によって仕掛けられています。

ファミリーマート

店舗検索|ファミリーマート

ファミリーマートは、コンビニ市場でシェア率2位です。
サークルKサンクスとのブランド統合だけでなく、商品構成店頭オペレーション、さらには自ら前面に露出するマーケティング手法など様々な改革を進める企業です。

ファミリーマートのセブンイレブンとの違いは、商品開発に力を入れていることです。
ファミリーマートは、商品での差別化を測るために、アイドルの「香取慎吾」を起用しマーケティングを行なったり、メーカーと協力し独自のスイーツの開発などを行なっています。

また、ドンキホーテと提携するなど、自社だけでなく他社と協力することで企業優位性をはかっているといえます。

ローソン

ローソン | 関西国際空港

ローソンは、上記の2社とは少し違い、「100円ローソン」や「成城石井」「ナチュラルローソン」など、複数の店舗を運営しています。

これは、ローソンの掲げるターゲティング戦略によるものです。

ターゲティング戦略とは、コンビニを利用する顧客にどのようなニーズがある かを細分化し、それぞれのニーズにあった店舗を運営しています。

また、それぞれの店舗への投資収益率20%という基準値を設けています。
投資収益率とは、収益÷投資額で表され、投資によってどれだけの利益が出せたかを測る値です。

このように、ターゲティングにより店舗運営を分けることで、セブンイレブンやファミリーマートとの差別化を達成しています。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は、コンビニのビジネスモデルを3社取り上げ開設しました。

今回の結論は、以下のようでした。

・セブンイレブン…ドミナント戦略
・ファミリーマート…他社を巻き込むマーケティング戦略
・ローソン…ターゲティング戦略

コンビニの強みは、利便性であり、利便性を追求すると、無人レジや物流システムへの投資が盛んになると思われます。

IT化によって、今後コンビニがどのような発展をするか楽しみですね。

経営カテゴリの最新記事