【重要】リピート率を上げると売り上げが上がる!?計算方法から施策まで紹介

【重要】リピート率を上げると売り上げが上がる!?計算方法から施策まで紹介

「リピート率ってそもそも何?」

「マーケティングでリピート率は重要なの?」

「リピート率はあどうやってあげるの?」

このように、マーケティングを行いたいけれど何が重要かわからないと言う方も多いのではないでしょうか?

マーケティング用語はたくさんあり、どのように使用すれば良いかなかなか難しですよね。

そこで本記事では、リピート率の重要性効果的な施策を軸にご紹介します。成功した企業例もともにご紹介しますので、安心して読んでいただければと思います。

・リピート率とは?

・リピート率の重要性

・リピート率を上げる効果的な施策

これらについて詳しく解説しています。

リピート率とは?

リピート率とは、商品やサービスを利用する「継続率」のことです。

リピート率を計算することで特定期間の訪問した新規客のうち、どれだけ顧客がリピートしたかがわかります。

マーケティングを行う時には、利用する人のリピート率はとても重要であり、必ず数値として計測するようにしましょう。

 

リピート率の計算法方法

月間リピート率(%)=月間リピート人数(人)÷累計新規顧客数(人)×100

リピーター率とは?

リピート率とよく間違えやすいものとしてリピーター率があります。
リピーター率とは、1ヶ月間の顧客数における、リピート客の割合のことです。
つまり、1ヶ月間にリピート客はどれぐらいいたのかを知るための数字です。

リピーター率を知ることで、自社が抱える顧客の分析を行うことができます。
リピーターが多いのであれば、リピーターに向けた商品やキャンペーンを行うことで売り上げ向上が見込めます。

 

リピーター率の計算法方法

月間リピーター率(%)=月間リピート人数(人)÷月間総顧客数(人)×100

リピーター率との違い

リピート率とリピーター率は、どちらもリピート客に関しての数字で間違えやすいです。
マーケティングや経営をする時に、「リピート率」と「リピーター率」どちらか一方のみを考えていてもうまくいきません。

新規事業や新商品を発売した際には、リピーター率よりもリピート率のほうがマーケティングでは重要な数値だといえます。
リピート率から、新規の顧客を逃さないために、改善し経営の安定化をはかりましょう。

リピート率はなぜ重要?

リピート率はがどんなものかわかったけれど、なぜ重要なのかわからない方も多いでしょう。

ここでは、リピート率が重要な理由を3つにまとめました。

・コストを削減できる

・ファンを作れる

・口コミマーケティングを行える

5倍の差!?コストを削減できる

リピート率を向上させると、コストを削減することができます。
その理由は、リピート客のための広告は、新規獲得よりも安く抑えることができます。

「1:5の法則」というマーケティング用語を聞いたことはあるでしょうか?
1:5の法則とは、新規獲得には、既存客のリピートよりも5倍の費用が必要になるという意味です。

もちろん、全ての業界であてはまるわけではありません。
しかし、既存客は一度商品を利用したことがあり、興味はあるが利用しない人が多く、少しの訴求で再利用してもらえる可能性が高いです。

ファンになる可能性がある

リピート率をあげると、「ファン」になる可能性が高くなります。
ファンとは、商品やブランド愛用者のことで、長期間に商品を使い続けてくれます。

有名な心理学で「ザイオス効果」と言うものがあります。
これは、人は接触か数が多いほど無意識に好感を抱きやすいと言うものです。

つまり、リピート率をあげるとザイオス効果により「ファン」が増加し、マーケティング費用を抑えながら、顧客を獲得できます。

口コミマーケティングに発展する

リピート率を向上すると、口コミマーケティングに発展します。
口コミマーケティングとは、マーケティングの一種であり、人から人へ口コミが広がることで、企業ブランディングや集客を行えます。
口コミマーケティングでは、顧客が能動的に発信するため、マーケティングの費用がほとんどかかりません。

リピート率が向上すると、ファンが増え、自社のサービスや商品を気にいると能動的に発信してくれます。
なんども使用してもらえるようにリピート率をあげましょう。

リピート率をあげる施策

リピート率を上げるために、顧客になんども使用してもらう必要があります。
そのためには、顧客との接点を増やす必要があります。

顧客が商品を使用するときには、商品やサービスを利用するメリットが重要です。
顧客が利用したいとおもうような商品や、仕組みを作ることも大切です。

具体的な方法はをいかにまとめました。

・口コミを利用する

・SNSを活用する

・ポイント制

・会員制

・定期キャンペーン

・サブスクリプションモデル

メルマガやLINE@を利用する

リピート率を向上させるためには、顧客との接点をつくる必要があります。
顧客との接点を作る方法としてDMメルマガLINE@などがあります。

顧客とコンタストを取る場合は、顧客の行動を分析しどの時間帯が一番活動的か調べておきましょう。
また、DMやLINE@であれば開封率などの分できるのでこちらも調べましょう。

顧客の開封率や、LINE@通知からのリピートを上げるには、限定クーポンや次回つかえるクーポンなどを一緒に添付すると、リピート率アップを見込めます。

SNSを活用する

InstagramTwitterなどのような、SNSを活用することもおすすめです。
SNSは、生活習慣の一部であり毎日無意識に使用している人が多いです。

そのため、SNSを活用することで顧客に潜在的にアプローチすることができます。

注意点は、ターゲットとする顧客がどのSNSを一番使用するのかなどを見極めるようにしましょう。

ポイント制やスタンプ制

エステサロンや飲食店などで多くとりれられている方法で、ポイント制やスタンプ制があります。

顧客に次回以降、利用することでメリットがある仕組みをつくることで、リピート率を上げることができます。

注意点は、「5,000円で1ポイント」など難しすぎるポイント制を設けてしまうと逆に離脱が多くなってしまうので気をつけましょう。
条件はなるべく緩くし、設定金額は低めで設定すると良い。

会員制

会員制では、会員になることで限定の特典を得られるような仕組みを作ることでリピート率が上がります。

また、利用数によってランク付けを行い特典に差をつけることでお得感をアピールすることができます。

定期キャンペーン

定期キャンペーンとは、「毎週月曜は半額」「毎月1のつく日は20%off」などのことです。

定期キャンペーンは、顧客が1週間に1回など習慣的に思い出す機会を作ることができます。

そうすることで、キャンペーン日以外の日の売り上げも向上するという効果が期待できます。

サブスクモデル

サブスクリプションとは、「月額定額で使用し放題のプラン」のことをいいます。
携帯電話やNetflixなどのような動画配信サービスがこのモデルです。

サブスクリプションのメリットは、使用しい放題なので顧客は自発的にリピートします。

また、月額制なので売り上げに上下があまりなく、経営も安定します。
既存客に何度も利用してもらいたいのであればサブスクリプションを導入するのも一つの方法です。

一般的なリピート率はどれぐらい?

最後に、それぞれの商材のリピート率を紹介します。

自社のサービスがどれぐらいのリピート率で一般的な数値とどれぐらいかけ離れているのかを比較してみましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は、リピート率の重要性や効果的な施策についてご紹介しました。

商品やサービスを販売する際に、新規のお客ばかりに目がいきがちですが、既存のお客様の集客の方が費用対効果高いことがわかりましたね。

今後は、新規のお客様だけでなく既存のお客様にも目向けた施策を打つと効果的かもしれません。

この記事が皆さまの、お役にたてたことを願っています。

マーケティングカテゴリの最新記事