【超簡単!】絶対に知っておきたいマーケティングフレームワーク9選

【超簡単!】絶対に知っておきたいマーケティングフレームワーク9選

「フレームワークがどんなものがあるか知りたい」

「フレームワークって実際に使用できるの?」

「フレームワークを使用して売り上げを伸ばしたい」

このように、自社のマーケティング戦略がうまくいかず思うように成果が出ていない方も多いのではないでしょうか?

マーケティング のフレームワークを使用して売り上げを伸ばしていきたいけれど、そもそもどんなフレームワークがあり、どうやって使用するのかを全て把握することは難しいですよね。

そこで、本記事では「本当に使えるフレームワーク」9つ厳選しご紹介します。今回ご紹介するフレームワークは、多くの成功している企業も採用しているフレームワークですので、安心して読んでいただければと思います。

マーケティング フレームワークを学ぶメリット

マーケターにおすすめフレームワーク9選

マーケティング フレームワークの注意点

これらについて、図を使用し初心者でもわかるように解説しますので、成果を出したいと思っている方はぜひ最後までご覧ください。

マーケティング フレームワークを学ぶメリット

そもそも、マーケティングのフレームワークって学んで意味があるの?と思っている人も多いかと思います。

フレームワークを知っている人と、知らない人ではマーケティング戦略の思考に幅が狭まってしまいます。具体的なメリットは以下にまとめました。

・課題が明確になる

・結果を出しやすい

・有名企業も採用している

課題が明確になる

フレームワークを使用し、マーケティングの評価を行うと課題点が見つけられやすくなります。

多くの企業が抱える問題点をまとめて解決できるように、簡略化したものがフレームワークであり、一般的な課題は簡単に見つけることができます。

例えば、集客に困っている場合、3C分析を行うことで

「市場に問題があるのか?」

「競合よりも劣っているためか?」

など考えることができ、すぐに課題を発見できます。

結果を出しやすい

フレームワークを使用すると結果を出しやすくなります。

課題点が明確になるので、その課題を解決することができれば結果は向上します。
ほとんどのマーケターは、自社が抱える課題について把握できていません。
そのため、多くの時間と費用を費やしても結果を出すことができません。

フレームワークでは、課題がどこにあるのかを分析することができそれに対する打ち手を実行するだけで結果を出すことができます。

有名企業も採用している

今有名であり、多くの顧客を抱える企業がなぜ有名なのか気になったことはありませんか?

実は、ほとんどの企業はマーケティングが素晴らしかったために成功を納めています。

例えば、日本でも知らない人はいないほど人気な関西のテーマパーク「ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)」

USJは2015年から業績があまりよくありませんでした。
しかし、ある一人のマーケッターにより、マーケティング戦略を考えなおしたことでV字回復し今も多くの人に親しまれています。

このように、自社のサービスを広く展開するためにはマーケティングが必要であり、初めはフレームワークを参考に行うことをおすすめします。

すぐ使えるマーケティングフレームワーク10選

社会人がマーケティングフレームワークを学ぶ理由がわかったところで、実際にどんなフレームワークがあるか気になる方も多いでしょう。

フレームワークは、たくさんあり全てを把握しようとすると膨大な時間がかかってしまいます。今回は、利用すると確実に成果が上がるフレームワークを10つ厳選してご紹介します。

・PEST分析

・SWOT分析

・5フォース分析

・3C分析/4C分析

・重要度×緊急度

・Win・Loseモデル

・リバースシンキング

・左脳モードと右脳モード

・発散と収束の掛け算

分析を行うフレームワーク

PEST分析

PEST分析は、4つの視点から自社に与える影響を与えそうな外的要因を分析することができます。PEST分析は、新しく施策を打つときやマーケティング 戦略を考えるときに役に立ちます。

マーケティング戦略などを考えるときには、経済の動きや政治の流れなどを読むことは重要です。事前にPEST分析を行うことで、失敗した際に「政治的要因」「社会的要因」「技術的要因」「経済的要因」など分けて考えることができ、PDCAも回しやすくなることも特徴です。

ぜひ一度使用してみてはいかがでしょうか。

SWOT分析

SWOT分析は、強み(Strenghs)、弱み(Weaknesses)、機会(Opportunities)、脅威(Threats)の4つの要素の頭文字から名付けられています。

SWOT分析を使用することで、「自社のサービスの強みは何か?」「どのような場面で強みを発揮するか?」を知ることができます。

逆に、自社の弱みを知ることで今後の驚異となることを予測できるようになります。SWOT分析をもとにマーケティング戦略を立てることで、競合との差別化を押し出すことができ、優位に立てる戦略を考えることができます

5フォース分析

5フォース分析とは、「5つの力」から業界の収益力を分析する方法です。

5つの力とは、以下の5つです。

同業者

新規参入企業による脅威

買い手の脅威

売り手の脅威

代替品の脅威

同業者
 同業者とは競合企業のことで、自社の製品やサービスよりも良いものを製造・販売されてしまうと脅威となります。また、すでに独占・寡占状態の企業もここに分類されます。

新規参入企業による脅威
 市場に新たに企業が参入すると、市場内での競争が激化します。そうすると、自社の収益力が低下してしまう恐れがあります。

買い手の脅威
 価格の値下げや品質の向上などを要求する、顧客からの要求の強さのことです。買い手の交渉力が強いと値引きなどを要求され、収益を上げにくくなります。一般に、非常に高い購買力を持った顧客に対し販売を行なう業界では、大きな収益を上げることが難しくなります。

買い手の交渉力を低下させるためには、代替販売先へのスイッチングコストを低くするなどの戦略により、買い手に対する優位性を高める必要があるでしょう。

売り手の脅威
 部品や原材料などのサプラヤーからの要求の強さのことです。寡占業界や独占技術の場合を有する業界では売り手の方が交渉力が強くなり、高い金額で取引を行わなくてはならなくなり、負担するコストが高くなります。

代替品の脅威
 既存の製品やサービスが、顧客にとって同様のニーズを満たす他の製品やサービスで置き換えられてしまう脅威です。
費用対効果がより高い製品やサービスが登場すると、それにより市場を奪われ、収益性が低下することとなります。

例えば、タクシー業界であれば「Uber」ホテル業界であれば「Airbnb」などがこれに当たります。

課題を見つけるフレームワーク

3C分析/4C分析

3C分析とは、自社の利益と顧客の価値を共有しあい、互いに満足できるマーケティング 戦略を立てるために使用するフレームワークであり、自社」「競合」「顧客の3つの視点から分析します。また、これにチャネルを加えたものが4C分析です。

4C分析を行うことで、


「顧客が受ける価値はどのようなものか?」
「顧客が費やす費用や時間はどれぐらいか?」
「顧客が望む情報を届けることができているか?」


など顧客視点でマーケティング戦略を立てることができます。

重要度×緊急度

緊急度と重要度のモデルでは、マーケティング戦略における施策の優先度を決めることができます。
マーケティング戦略を実行するときには、施策が一つだけとうことは少ないでしょう。

そういった際に、何を一番重要視しなければならなのかをすぐに判断できる見取り図が「緊急性×重要性」です。

「何から手をつけていければ良いかわからない」「どこに一番費用をかければ良いか迷っている」などのお悩みのときは、使用することをおすすめします。

Win・Loseモデル

Win-Loseモデルでは、クライアント先や顧客との関係性を表すフレームワークです。
顧客と自社との関係性で、どちらか一方でもデメリットがあった場合長期的に見るとお互いの関係は悪くなり「Lose-Lose」の関係に陥ります。

そのため、マーケティングを行う際には、顧客やクライアントにメリットがありかつ自社にもメリットがあるように展開しましょう。

また、この二つにプラスして近年では、環境や経済にも良い影響を与えることが推奨されてます。

アイデアを出すフレームワーク

リバースシンキング

リバースシンキングは、新しい発想を考えるときに使用できるフレームワークです。
今まであった常識とは全く逆の考えをすることにより、今まで考えたこともなかった発想を思いつくことができます。

リバースシンキングによってできたサービスで、ペットを同伴できるホテルが話題になりました。
ホテルでは、ペットと一緒に宿泊することができませんでした。
しかし、老朽化した建物をイノベーションしペット向けの設備を備えたホテルにすることで競合が多いホテル業界で成功をおさめました。

このように、リバースシンキングを使用することで今まで思いつかなかった発想に出会うことができます。

左脳モードと右脳モード

人間の脳は大きく分けて「右脳」と「左脳」に分類できます。

右脳では普段、感情・直感・イメージ・アナログ・図形などを考えています。左脳では理論・デジタル・言語・数字・文字などをかんがえています。

アイデアを出す際には、どちらも重要であり、両方を一緒に働かせる「バランス脳」を作り出すことが大切です。

バランス脳を作り出す方法は、まずはじめに右脳で自由な発想をおこない、出たアイデアを左脳で評価することでバランスよく考えることができます。

発散と収束の掛け算

発散と収束を行うことで、アイデアをグループに分けることができ、アイデアを整理することができます。

新規事業や企画を行うときには、アイデアが膨らみすぎてしまうことがあります。
そのような場合は、元の目的と外れたアイデアに辿り着いてしまうことも少なくありません。
目的と違ったアイデアで進めてしまうと、プロジェクトにかけた時間とお金が無駄になってしまいます。

発散と収束を行うことで、アイデアが広がりすぎてしまうことを防ぐことができ事業が失敗する確率を下げることがでます。

マーケティングフレームワークを使用する注意点

マーケティングのフレームワークを使用する際にはいくつか注意点があります。

ここでは、絶対に守ってほしい注意点を3つにまとめました。

・万能は目指さない

・チャンネルは分散させる

・マーケティングはデータが命

万能は目指さない

マーケティングのフレームワークは、あくまで型でしかなく万能なものはありません。

マーケティングの戦略は、時代の流れとともに変化が必要です。
本から電子書籍へと「モノ」がデジタル化している時代では、その時々に応じた対策が求められます。

そのため、自社のお客様や顧客になりうる人物はどんな人かを考え、どのようにしすれば購入にいたるかをつに思考するようにしましょう。

チャネルは分散させる

マーケティングを行う際には、予算を多くのチャンネルに分散させるようにしましょう。

デジタル化が進むまでの時代では使用できるチャンネルは多くはありませんでした。
しかし、インスタグラムやyoutubeなどのインターネットサービスが普及したことに使用できるチャンネルが増えました。

マーケティング では、PDCAを早く多く回す必要があり、どのチャンネルで効果が高いかを確かめるために予算を分散させるようにしましょう。

オススメの方法は、3つ以上にチャンネルに分散して検証し、一番効果が高かった方法に費用を全集中することです。

マーケティングはデータが命

ツイッターやインスタグラムなどのSNSを活用した認知拡大や購入促進を行なったときに、どれぐらい獲得できたかを感覚ではなく、全て数字で確認するようにしましょう。

ツイッターとインスタグラムともに、全てのコンバージョンを確かめることができます。
どの流入経路から、どれぐらい、何時に、などを正確に数値として計測することで無駄のないマーケティングを実施することができます。

コンバージョンとは??

コンバージョン(Conversion、CV)とは、変換、転換、交換といった意味を持つ英単語である。マーケティングの分野においてはCVとも略され、ECサイト上で獲得できる最終的な成果のことを指す言葉である。訪問者がホームページの目標としているアクションを起こしてくれた状態のことを指す場合が多い。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、本当に使えるマーケティングフレームワークを9つ御紹介しました。

マーケティングのことを全く分からない人でもフレームワークを使用すると、課題を発見でき、結果を出すことができます。

マーケティングフレームワークを使って良い業績を残しましょう!!

ビジネスフレームワークカテゴリの最新記事