リターゲティング広告の仕組みとは?種類やメリットから理解しよう!

リターゲティング広告の仕組みとは?種類やメリットから理解しよう!

「リターゲティング広告とは?」

「リターゲティング広告の仕組みについて知りたい」

「リターゲティング広告の種類は何があるのか?」

上記のようなお悩みがある方に向けて今回の記事は作成しています。

リターゲティング広告は、様々な種類があり理解するのは容易ではありません。今回は、そんなリターゲティング広告の、種類やメリットなどの基礎知識からわかりやすく解説していこうと思います。これから、リターゲティング広告を始めたいという初心者の方でもすぐに実施できるような内容となっています。

今回の記事のポイント

  • リマーケティングとは何かを理解する
  • リターゲティング広告の種類を知る
  • ピンポイントで知りたい方のために、「目次」を設置しています 。見たい項目をクリックすると、すぐに閲覧できます。

    リターゲティング広告とは

    リターゲティング広告とは、簡単にいうと、一度サイトに訪問してくれたユーザーに対して再度アプローチを促す広告のことです。そのユーザーがYahoo!やgoogle、あるいはその提携しているパートナーサイトのコンテンツを見ている時にバナー広告やテキスト広告を表示させることができます。

    リターゲティング広告では、一度サイトに訪問したことがあるユーザーに対して広告を打つため、購入率や申し込み率の向上につなげやすく、目先の売上の向上を目的とする際にはオススメの広告です。

    リターゲティング広告の流れ

    リターゲティング広告の流れは、上記のような画像で解説しています。一度訪問したが、離脱したユーザーを取りこぼさないためにリターゲティング広告は必要とされています 。

      

    「リターゲティング」と「リマーケティング」の違い
    結論、同じ意味です。(媒体により名称が異なるだけ)
    Google広告の場合「リマーケティング」、Yahoo!広告やFacebook広告などGoogle広告以外の場合「リターゲティング」と呼ぶ。

    リターゲティング広告の種類

    リターゲティング広告は、全部で5種類ありほとんど全ての運用型広告でリターゲティングを行うことができます。どの媒体を使用するかは、用途によって分けて行うといいでしょう。なにから使用すれば良いかわからないという方はGoogleかYahoo!でのリターゲティング広告をオススメします。

  • Google広告
  • yahoo!広告
  • Instagram広告
  • Facebook広告
  • LINE広告
  • それぞれの媒体ごとに、管理画面が異なり、管理画面からリターゲティング広告用のタグを設定することができます。そのタグを自社サイトに設置するだけで、リターゲティング広告を配信することが可能です。

    リターゲティング広告の配信の種類

    リターゲティング広告を使用した、配信の方法は全部で7種類あります。Googleでは使用できるが、Yahoo!では使用できないものもあります。次の表でどの方法がYahoo!で使用できないか確認できます。

      

    リマーケティング配信の種類Google広告Yahoo!広告
    標準リマーケティング
    アプリのリマーケティング
    動画リマーケティング×
    Google アナリティクスのリマーケティング×
    顧客の連絡先情報にもとづくリマーケティング×
    検索広告向けリマーケティング リスト(RLSA)
    動的リマーケティング

    リターゲティング広告のメリット

    では、実際にリターゲティング広告を使用する際にどのようなメリットがあるにでしょうか?

    リマーケティング広告で得られるメリットは主に以下の点です。

    1. 見込み客に再度アプローチができる
    2. コンバージョン率が高い
    3. CPAを下げやすく新規施策にチャレンジしやすい
    4. 検討期間の長い商材と相性がいい

    見込み客に再度アプローチができる

    リターゲティング広告の最大のメリットは、見込みの客に再度アプローチを促すことができることです。そもそも、ECサイトやオウンドメディアのようなWebサイトでは、Webサイトに訪れたユーザーの9割以上がCVしないまま離脱してしまいます。

    その理由は、インターネットの普及により情報量がいつでもどこでも手に入る時代だから、ほとんどの人は以下のようなニーズが生まれます。

  • 他の商品と比較検討したい
  • 商品を購入すべきか少し考えたい
  • 興味はあるが、すぐに購入までしたくない etc…
  • 上記のようなニーズから、webサイトに訪問していても、一回で購入まで繋げることはなかなか難しいのが現実です。ユーザーが比較検討や考えたのちのタイミングでリターゲティング広告を打つことで、初期に取りこぼしていたユーザーにアプローチすることができ、普通の広告よりもCVRが向上します。

      

    CVとは?

    コンバージョン(CV)は、Webマーケティングに費やした費用が、最終目的である成果に転換することも意味します。つまりコンバージョン(CV)は、Webマーケティングの費用対効果を測定する重要な指標になります。

    コンバージョン率が高い

    普通の広告の目的が『認知』であるのに対して、リターゲティング広告は「購入や申し込み」が目的です。潜在層へのアプローチだと、認知してもらうことが精一杯で購入まで至りません。

    しかし、リターゲティング広告ならすでに認知しているユーザーに届けるので、CVR(コンバージョン)が高くなります。また、成果が望めやすいなら予算を増やしたりするなどの運用方法もあります。

    CPAを下げやすく新規施策にチャレンジしやすい

    リターゲティング広告では、CAPを下げやすくなります。CPAとは、目標の数値を達成するためにかかる一人当たりの費用のことです。

    CPA=クリック単価÷コンバージョン率
    ※コンバージョンが高まればCPAは下がる

    CPAは上記の式のように成り立ちます。そのため、コンバージョン率が低下するとCPAは必然的に下がります。CPAが低けば低いほど、安い広告費で高い獲得数を見込めます。

    リターゲティング広告と、ディスプレイ広告をうまく繰り返すことで、CPAを低い値に保ちながら広告運用をすることができます。

    広告をうまく活用する方法
  • ディスプレイ広告で潜在層にアプローチ(CPAが少し上がる)
  • リターゲティング広告で、CVにアプローチ(CPAが下がる)
  • CPAが下がった分で、新規施策(認知) にチャレンジ(CPAが少し上がる)
  • サイドリターゲティング広告をうつ(CPAが下がる)
  • 上記のプロセスを繰り返す。
  • パフォーマンスが向上する。
  • 検討期間の長い商材と相性がいい

    リターゲティング広告は、検討期間が長い商材との相性が良いです。検討時間が長い商材のユーザーは比較検討をする期間が長いです。そのため、一つの広告を見たからといってすぐに購入や契約にいたることはなかなか難しいです。

    ユーザーが比較検討を行なっている期間に、見込み客との接触を怠っていると競合の企業にユーザーを取られてしまうことも少なくありません。ここで、ユーザーとの接触機会を多くする施策としてリターゲティング広告はとても有効です。

    まとめ

    いかがだったでしょうか?今回は、リターゲティング広告について種類や仕組み、メリットを開設しました。

    リターゲティング広告は、短期的な応募や購入数などの増加にはとても有効な手段です。また、少額でも始めることはできるためリスクもかなり少ないと言えます。

    今回の記事のポイント

  • リマーケティングとは何かを理解する
  • リターゲティング広告の種類を知る
  • それでは、今回はここまでにします。


    Upworkstyleでは、社会人が明日から使用できる情報を発信しています。分野は「マーケティング」や「営業」の他に「意外と知らないビジネスマナー」などを提供しています。他の記事もぜひ拝読してみてくださいね!


    マーケティングカテゴリの最新記事