マーケティング戦略で役立つAARRRとは?事業戦略の考え方を解説!!

マーケティング戦略で役立つAARRRとは?事業戦略の考え方を解説!!

AARRRとは?

AARRRとは、サービスの成長段階を表す5つの頭文字を繋げ合わせたものです。

AARRRを活用することで、新規ユーザーの獲得や既存のユーザーが収益に貢献するまでの成長サイクルを体系化することができます。つまり、サービスの成長過程を可視化することで、どこに課題があるのかを把握することで課題を抽出しやすくできます。

AARRRの名称はそれぞれ、Acquisition(獲得)、Activation(活性化)、Retention(継続)、Referral(紹介)、Revenue(収益)の5つから成り立ちます。。

AARRRが誕生した背景

AARRR(アー)は、60ヶ国で1,800社以上投資を行なっており、世界で最もアクティブなシード投資ファンドと言われている「500startup」の創業者/CEOであるDave McClureが提唱し誕生しました。

2000年代から、インターネットを用いて起業の多様化が起こったことにより、グロースハックについて改めて考えるために誕生しました。

また、2000年代を大航海時代に例え、AARRR(アー)を海賊の雄叫びに似せて命名されたとも言われています。そのため、「海賊のためのマーケティングツール」や「海賊指標」と呼ばれることもあります。

なぜ注目されるのか?

AARRRモデルを使用することで、各項目ごとにKPIを設計することができ分析、モニタリングを行うことができます。そうすることで、サービスの成長戦略を組み立てやすくなります。このように、各プロセスを細分化し、課題点を見つけ施策を打つことはマーケティングにおいて重要です。

AARRRを理解しうまく使いこなせるようになりましょう。

AARRRを解説

獲得:Acquisition

獲得(Acrusition)の段階では、今後商品やサービスを使用してくれる新規の顧客を獲得するためのフェーズです。

この時のKPIやKGIは、webページの訪問数や、商品をどれぐらいの人が閲覧したかなどを追うことができます。

いわゆる、認知を拡大させるためのKPIを設定することで商品の売り上げを向上させることができます。

考えられるマーケティング施策としては、広告や、無料体験などがあります。

活性化:Activation

活性化(Activation)のフェーズでは、新規顧客の早期の離脱を防ぐことが主な施策となります。つまり、ユーザーにいかに継続してもらうかを考える必要があります。

この際のKPIは、メルマガやLNE@などの閲覧数や、継続訪問数などがあります。この際のマーケティング施策としては、メルマガの配信物を増やすや、デザインを改善するなど、ユーザーのUX(ユーザーエクスペリエンス)を考えるようにしましょう。

継続:Retention

継続(Retention)のふぇーずでは、一度離脱してしまったユーザーや既存の使用頻度の少ないユーザーの再訪してもらうことが目的です。

このフェーズのKPIは、再訪率やMAU、ユーザー1人に対しての再訪数な度があります。マーケティング施策としては、継続して使用するユーザーに対しての特典や、カスタマーサポートの改善などがあります。

紹介:Referral

紹介(Referral)のフェーズでは、よく使用しているユーザーがブログやSNS、オフラインで人に紹介・誘導することを目的としています。

このフェーズでのKPIは、ユーザーの満足度、レビューなどの評価の他に、SNSの投稿数などもあります。この際のマーケティング施策では、「新規顧客を獲得するためのレビューを促す」や「紹介や勧誘のためのキャンペーン」を打つなどがあります。

収益:Revenue

収益(Revenue)のフェーズでは、収益化を目指しユーザーのコンバージョンを高めること、つまり継続して利用しているユーザーからの課金や購入を目的とします。

この際のKPIは、購入数や、高単価商品の購入数などがあげられます。この際のマーケティング施策は、購入後の特典の追加や購入方法の最適化などがあります。

まとめ

AARRRをうまく活用することができれば、自社のサービスの成長過程をが悪することができ、課題発見をしやすくなります。

AARRRを使いこなして、うまくマーケティング戦略を組み当てましょう。

マーケティングカテゴリの最新記事