【マーケティング応用編】SCAMPERでアイデア量産するフレームワーク

【マーケティング応用編】SCAMPERでアイデア量産するフレームワーク

アイデア出しに苦戦されている方、アイデアは突然思い浮かんだり、何かと何かを掛け合わせることで誕生するとだけ思っている方も多いんではないでしょうか。

実は、アイデア出しをロジカルにまとめるフレームワークが存在します。
それが今回ご紹介する「SCAMPER」というフレームワークになります。

「SCAMPER」を使うことによって、アイデア発想を多方面から考察することが可能になります。

こういった考えがあったのか。と参考になれば幸いです。

マーケティング手法のアイデア量産できる「SCAMPER 」って!?

「SCAMPER」は、7つの質問で構成されるフレームワークで、それぞれの頭文字からなっています。

代用、組み合わせ、応用、修正、転用、削除、逆転の7つからなります。
後ほどそれぞれについて解説していきます。

創造性開発研究家のボブ・エバールが考えた法則で、
質問に答えていくだけで誰でも簡単にアイデアを大量生産できるというユニークなマーケティング フレームワークです。

SCAMPER 誕生の秘話

「オズ・ボーンのチェックリスト」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

「オズ・ボーンのチェックリスト」とは、
レーンストーミングの考案者である、A・F・オズボーンによる発想の法則で、
9つのチェックリストから構成されています。

9つのチェックリストは以下です。
転用、応用、変化、拡大、縮小、代用、再調整、逆転、結合の9つの項目からアイデアを発展させていきます。

SCAMPERは、「オズ・ボーンのチェックリスト」をより覚えやすく、使いやすくするために、質問事項を7つの項目にまとめたものです。

SCAMPER のそれぞれの意味

SCAMPER

それでは、それぞれの具体的な内容の深掘りと過去の事例を見ていきましょう。

Substitute(代用できないか)

「代用する」ということに関しては、以下の考え方や質問ができます。

  • 他のものに置き換えてみる
  • ターゲットを変えてみる
  • 場所や時間を変えてみる
  • 材料や素材を変えてみる
  • 手順を変えてみる
  • 方法を変えてみる
  • 視覚面や聴覚面などに工夫を加える

例)プラスティックストロー → 紙ストロー
環境問題の一つとされているプラスティックを何かで置き換えることはできないか。と考え、
プラスティックストローから紙ストローが近年普及しています。

Combine(組み合わせれないか)

何か組み合わせできないか

  • 何かと組み合わせる
  • サービスを組み合わせる
  • 技術を組み合わせる
  • 統合や合体はできないか
  • 施設を組み合わせる

応用の組み合わせはできないか

  • 商品✖️サービス
  • 商品✖️技術
  • 目的✖️何かの一部✖️サービス

例)自転車✖️モーター=電動自転車
使い勝手の良い自転車ですが、坂道が多い道や場所によっては大変な自転車にモーターを付け加えることによって、どんなところでもスイスイ進む優れものになりました。

組み合わせによる商品は、数多く存在します。
そのほかにも、iPhoneやUber eats、乳酸菌配合のロッテ「スイーツデイズ 乳酸菌ショコラ」、幼老複合施設(保育園×老人ホーム)など数多くあります。

身の回りにも数多くあると思うので、ぜひ探してみてください。

Adapt(応用できないか)

すでにあるものを応用できないか。という観点から考えます。

  • 他のものを当てはめたり、真似をしてみる
  • 何かの特徴を応用してみる
  • 過去のアイデアを応用してみる

例)空撮ドローン→配達ドローン

Modify(修正できないか)

変更する柔軟な考えが欲しい時に有効です。

  • 拡大・縮小するか
  • 長さの観点
  • 重さ
  • 強弱
  • シェイプ
  • 新機能を追加

例)サーフボード ロングボード→ショートボード

元々サーフィンはハワイで誕生し、ロングボードが先に誕生しました。
しかし、大きな波に機動性高く楽しむために、
長さ、シェイプ、重さ、など変更されたショートボードが誕生しました。

そのほかにも、Goproや広告、本の表紙など数多く挙げられます。

Put to other uses(転用できないか)

他のものとして使えないか。という観点です。

  • 他のターゲット(年齢層や性別)などに
  • 他の市場や業界
  • 目的を変えるとどうか
  • 一部を変えると生まれる他の用途はないか

例)ポストイット 付箋など

これは非常に有名な話ですが、
アメリカの化学メーカー3M(スリーエム)社が「よくひっつく接着剤」を開発していましたが、接着の弱い接着剤ができてしまいました。

当初は、これは失敗作として扱われていましたが、これをなんとか応用して作られたのが、みなさんが使っている付箋などです。

Eliminate(削除・添削できないか)

  • 不要な要素はないか
  • 簡略化するとどうか
  • 一部を削除するとどうか
  • コンパクトにするとどうか
  • 省略、分割するとどうか
  • 時間を短くするとどうか
  • ルールを排除するとどうか
  • プロセスを排除するとどうか

例)セルフ ガソリンスタンド
  こだわりのメニューのみにする
  ガラケー →iPhone  (文字盤をなくす)

Reverse/Rearrange (逆転・再編集できないか)

  • 順番を変えてみる
  • 一部を交換してみる
  • パターンやレイアウトを並び替える
  • 原因と結果を逆さにする
  • 上下逆さまにしたらどうなるか
  • 裏返すとどうか

例)コンビニで季節の商品を正面に置く

まとめ

今回は、新しいアイデア発想「SCAMPER」について解説をしてきました。

新しいアイデアが出なくて頭を悩ませていることも多いかと思います。
是非一度このフレームワークを活用して、実践してみてください。

Upworkstyleでは、業務に使用できるような現場の知識を日々提供しています。
皆さまのマーケティング活動の参考になれば幸いです。

ビジネスフレームワークカテゴリの最新記事