マーケティング戦略を設計するために必要な基礎的な考え方

マーケティング戦略を設計するために必要な基礎的な考え方

マーケティングの戦略を考える際に、会社の資源(ヒト・モノ・カネ)をどこにどれぐらい投入するかが重要になりますね。

その際に、おおくの企業が行なっている成功のための方法があります。
このマーケティングの流れを知っていると、今後のマーケティングの戦略を打つときに失敗する可能性を減少できます。

ぜひこの記事を読んでマーケティング戦略をうまく組み立てましょう。

マーケティング戦略とは?

そもそもマーケティングとは、社会にはどのようなニーズが存在し、ニーズを解決するために商品やサービスを生み出し、販売するまでの流れのことです。
つまり、マーケティングとは商品を作り出しその商品を販売し、その商品によって顧客がどのように経験をするかを考えることです。

つまり、マーケティング戦略とは、マーケティングを成功させるために必要な戦い方のことです。

マーケティング戦略の流れ

マーケティング戦略の流れを知っておくことで、今後自社で戦略を立てる際に有効いなります。

マーケティング戦略を立てる際の流れこちらです。

マーケティング戦略流れ

市場細分化(セグメンテーション)

20世紀の世の中まは、マスマーケティングが主流でありターゲットを決めずにマーケティングを行なっていました。

しかし、成熟期を迎えた21世紀では市場が飽和状態となり、多様な商品が存在します。このような時代になった現在では、顧客のニーズを見極めて自社が優位に立つことができる市場を発見する必要があります。

市場をなんらかの軸により細分化することをセグメンテーションと呼びます。
セグメンテーションの分け方には、地理的変数、人口統計的変数、サイコグラフィック変数、鼓動変数の4つに分かれます。

ターゲティング

ターゲティングとは、勝負する市場を選択することです。

市場には様々な顧客層が存在します。市場の中の全ての層をビジネスの対象にしてしまうと、マーケティング戦略を明確にすることができません。

そのため、先ほど行なったセグメンテーションの中のどの層にターゲットをおくかを考えます。

ターゲティングを行う際に、注意してもらいたいことは、「自社の強みを生かすことができる市場かどうか」と「競合が参入しにくい市場かどうか」です。

ポジショニング

ポジショニングとは、ターゲットである顧客にどのように自社製品が魅力的であるか認知し購入してもらうための活動です。

ポジショニングを考えるときに注意したいことは、製品の売れ行きを決するのは「他社製品と比較して、より優れた製品であるかどうか」よりも、「顧客が魅力的な製品だと“認識”しているかどうか」であるということです。

多くの企業は、競合と差別化のために新しい技術を導入したり、今ある商品をより品質の高いものを追求します。これは、間違ってはいないですが、顧客が本当に望んでいる価値は何か?がかけているとマーケティングは失敗に終わります。

そのため、ポジショニングの段階で「顧客が求めるニーズを解消できる価値があるか」を感がるようにしましょう。

ポジショニングで使える考え方

ポジショニングを行う時に、よく使用される方法は、戦略において重要になる指標を2つ選択し自社がどのポジションに存在するか可視化する(ポジショニングマップ)方法です。

ポジショニングマップを作成することで、「自社の強みが何か?」や「競合との差は何か」が明確になります。

このように分析することで、成功するマーケティング戦略を設計することができます

また、このような「セグメンテーション」「ターゲティング」「ポジショニング」で分けて分析する方法を、STP分析と言いよく使用されます。

マーケティングミックス(4P)

STP分析で、自社が狙う顧客と市場の中のポジションを確定させると、次にマーケティングミックスを行いマーケティング戦略を計画します。

マーケティングミックスとは、マーケティングを成功させるためにツールを組み合わせて考える考え方です。

マーケティングミックスは、
製品(Product)・価格(Price)・流通チャネル(Place)・プロモーション(Promotion)の4つの要素から成り立ち、それぞれの頭文字をとって4Pとも呼ばれます。

企業は自社が扱う4Pを理解し、製品戦略・価格戦略・販売営業戦略・広告戦略を計画し実行する必要があります。

商品の強みや、ポジショニングに矛盾するような価格設定や、販売方法を行なってしまうと、企業が期待するような大きな効果をあげることはできません。

STP分析をした結果をもとに、4Pを考えるといいでしょう。

実行と分析

マーケティング戦略のためのSTP分析、マーケティングミックスを踏まえて計画しても必ずしも成功するとは限りませません。

STP分析やマーケティングミックスを理解していても、市場や時代にフィットさせることは容易ではありません。そのため、マーケティング戦略を計画することができればテストとして仮説検証を行いましょう。

実際に検証して見ることで、計画段階では見えてこなかった課題が見えることや、新しい施策を出すことができます。

初めから全てのリソース(ヒト・モノ・カネ)を投入するのではなく、少しずつ投入し実行し、改善修正を行うことをおすすめします。

まとめ

今回は、マーケティング戦略を計画するために必要な手順を紹介しました。ま0ケティング戦略を計画する際には、STP分析やマーケティングミックスの考え方を知ることは大切です。

また、マーケティング戦略は必ずしも成功するとは限りません。時代の流れや市場の動向など様々な要因により、成功するかが決まります。

そのため、マーケティング戦略を計画した後には、必ず仮説検証を行い、変化に対応しながら組み立てるようにしましょう。

この記事が皆様のマーケティング戦略に役に立つことができればと思います。

マーケティングカテゴリの最新記事