Slackで大活躍。タスク管理ツール『Trello』とは!?

Slackで大活躍。タスク管理ツール『Trello』とは!?
Trello 初級編 | Trelloを始めよう

Trelloとは?

サービス概要

Trello(トレロ)は、デジタルタスク管理ツールです。
数多くのタスク管理ツールがあるなかで、他にはない様々な機能が充実していることから、Trelloを使用している方が多いのではないでしょうか。
今回は、そんなデジタル管理ツールトレロについてやSlackとの連携方法など多岐にわたって紹介していきます。

trello】ホームページ参照

運営会社

Trelloの運営会社は、ニューヨークに拠点を置くFog Creek Software社の社内プロジェクトとして開発がスタートし、2014年にTrello Inc.として独立。2017年1月にオーストラリアに拠点をおくアトラシアンが買収し、現在に至ります。2017年11月16日に「Trello」の日本市場参入を正式に発表し、2018年より本格展開をスタートいています。

Trelloを使うメリット

  • リアルタイムにタスクを共有できる
  • 無料なのに利用出来る範囲が広い!
  • 付箋紙を貼るような感覚で、ドラック&ドロップで直感的に操作が可能
  • 多数の外部ツール(Slack、Github、Salesforceなど)と連携が可能
  • iPhoneやAndroidのアプリも提供されており、共有可能

など、幅広い充実した機能が備わっていることも魅力です。

『Trello』でできること

1, タスク管理                                     
2, 進捗別管理                                       
3, 個人別管理                                      
4, 勉強、課題の管理理                                 
5, 応用でPDCAなどのサイクル管理                         etc…

slackと連携方法

STEP1 Trelloの検索

Slackの『app』の欄から虫眼鏡のマークをクリックすると、検索を行うことができます。
そこからTrelloをインストールします。

STEP2 TrelloをSlackと連携

次に、以下の『Slackに追加する』を選択し、Trelloと連携させて完了です。

【注意点】Slackに追加できなかった時

事前にTrelloにてチームを作成しておかなければ、追加することができません。。
したがって、以下のチーム作成を選択し、Trelloの新規アカウント作成を行ってください。

Trelloのチーム作成

チームを作成する前にGoogleアカウントでログインしましょう。

チーム名を登録して、チームを作成することができます。
至って簡単なので、ご安心ください。

作成したチームに、Trelloの共有者を登録します。
チームに登録していない人でもタスク管理に参加できますが、Trelloの管理権限を持たせることはできません。
そのため、Trelloの作成権限や管理権限を共有したい人を登録しておきましょう。
メールアドレスを入力すると招待メールが送信され、
招待メールを受け取った人が確認すると登録されます。

/trello コマンドについて

SlackのチャンネルとTrelloを連携

/invite @trello

ここからは、SlackのチャンネルからTrelloにメッセージなどを連携できるように設定をしましょう。

追加したいチャンネルに[/invite @trello] と入力するだけ!

SlackとTrelloをリンク

/trello link[search terms or board url]

Slack上でこのような文章が出ていれば完璧です。
表示されているところからTrelloを操作することができます。

また、リンク先はTrelloのURLをコピーです。

Slackからタスクを追加

/trello add [teammates] [card name]

/trello add とすることで、SlackからTrello内に新しいタスクを追加することができます。
Addの次に、メンバーとタスクの内容を記入すれば自動的に追加してくれます。

まとめ

今回はTrelloをSlackに連携する方法をご紹介しました。
Trelloを使用することで、簡単に社内の情報を管理することができます。

機能が充実しており、汎用性も大きく、かつ無料という優れもののデジタル管理ツール「Trello」をダウンロードして損はありません。
応用することで、ただのタスク管理ツールだけでなく、PDCAなどのサイクル管理を行うこともでき、社内で共有してもひと目でシェアすることができると思います。これを機会にぜひ一度活用してみてはいかがでしょうか。

ビジネスツールカテゴリの最新記事