Slack(スラック)にGooglekレンダーを連携させる方法と設定方法を解説

Slack(スラック)にGooglekレンダーを連携させる方法と設定方法を解説

Googleカレンダーとは??

Googleカレンダーでスケジュール管理や日報に - メディア

Googleカレンダーとは、Googleが提供する無料のスケジュール管理ツールです。GoogleカレンダーはオンラインのCloud上にカレンダーを作成するため、 PCだけでなく iPhoneやタブレットなどからいつでもどこでもアクセスすることが可能です。

また、他のユーザーとカレンダーを共有することができるので、チームメンバーに予定を共有する手間を省くことができます。その他機能にTodoListを作成する子おtも可能で、Googleカレンダーを使用することで業務効率化をすることが可能です。

そんなGoogleカレンダーをslackと連携することでより便利に使用できます。
その方法を今回は解説します。非IT人材でもわかりやすく解説していますので是非最後まで読んでみてください!

slackへ連携方法

STEP1 slack内で検索

slackのチャンネルの『App』を選択すると、上記のような検索画面が表示される。その後、検索欄に『Google』と打ち込むといくつかアプリが表示される。
上段に表示される『Google Calender』を追加するを選択することで追加画面に移行する

STEP2 Slackに追加を行う

Slackのアプリ検索からGoogle Carenderを追加できると、上記の画面に移行するので、『Slackに追加』を選択する

STEP3 アクセス権限を許可する

最後に、Goole カレンダーが、slackに対してアクセス権限の追加を求めてくるので、『許可する』を選択してください。
許可しないとSlackへの追加を行うことができません

STEP4 追加されているか確認

最後にSlackに戻り、『App』の画面に『Google Carender』が表示されていれば連携完了です。

Googleカレンダーの設定

連携が完了した後に、slack内でGoogleカレンダーの設定を行う必要があります。設定を完了させて自分だけのGoogleカレンダーを使いこなしましょう。

会議中は自動でステータスがオンに

Slackにgoogleカレンダーを連携後、下記の画像のように表示されます。

Now that you’re all set, try turning on automatic status updates. Your status in Slack will automatically update based on your calendar when you are in a meeting.

この設定をオンにしておくと、googleカレンダーで会議中の場合にslackで自動的にステータスが会議中に変更されます。他者からみて、すぐに会議中かどうかを判断することができるので、設定をオンにしておくことをおすすめします。

注意点としてカレンダーに会議室が予約されていないと有効になりません。

もし、オンラインでの会議の場合は、『ビデオ会議の追加』から『hangout meets』でWeb会議を入力しておくとステータスが変更されます。

オンにする方法は『Turn On』を選択します。
オフにする場合は『No thanks』を選択
  

環境設定

googleカレンダーの設定を行うには、Googleカレンダーとの個別チャットで『/gcal』と入力し送信することで、行うことができます。

上記のように、設定できる項目が表示されます。
一つずつ解説します。

通知設定(Notifications)

通知設定を行うには、『/gcal』をそうしたのちに、一番上に表示されている『Update Notification』を選択することで行うことができます。
『Update Notification』を選択すると、下記の画像のような画面が表示されます。

Event reminders sent…』でイベントのリマインド通知設定

『Event remainders sent』 では、カレンダーに入っている予定のリマインドをするかどうかの設定を行うことができます。
オンにすることで、googleカレンダーに入ってる予定をslackに自動で通知を行なってくれます。
slackで予定を管理したい人にはとても便利な機能です。また、会議室が遠い場合や、次の予定をあらかじめ確認しておきたい人は、30分前や15分前に通知を受け取ることも可能です。

選択可能な選択肢の説明を下記にまとめてあります。

『Do not sent』…通知しない

『At time of evebt』…イベント開始時に通知

『1 minute before』…イベント1分前に通知

『5 minute before』…イベント5分前に通知

『10 minute before…イベント10分前に通知

『15 minute before』…イベント15分前に通知

『30 minute before』…イベント30分前に通知

『All day events』で1日中の予定を確認

『All day events』では、1日中の予定をslackに送信してくれます。
朝の時間に急行なう予定のタスクを管理する際に、こ機能を使えば簡単に管理できます。
選択肢は『ON』『OFF』の2択です。

「Event invitations』で他者の予定も確認

「Event invitations』は、他者からイベントに招待された際に通知するかどうかを設定することができます。
通知をオンにしておくと、通知を受け取った際に返事を選択することができるので便利です。会議の予定やイベント招待が多い方はオンにしておくといいでしょう。
選択肢は『ON』『OFF』の2択です。

「Event updates」は予定変更のお知らせ

「Event updates」では予定の変更が生じた際に、slackに通知を行うかどうかの設定ができます。ミーティングを行う場所が変更、時間の変更などが起こった際に通知を受け取ることで、ミスをなくしやすくなります。
選択肢は『ON』『OFF』の2択です。

「Event cancellations」は予定がキャンセルの場合

「Event cancellations」はイベントや予定がキャンセルになった際に、通知を受け取るかどうかの設定が可能です。
こちらの設定をオンにしておくと、予定がキャンセルになったことに気づかずに時間を無駄にしてしまうことも無くなります。
選択肢は『ON』『OFF』の2択です。

Add another Calendar from your Google account

こちらをオンにすると、自分のアカウント以外のアカウントを追加することで、他アカウントの通知を受け取ることができます。
プライベートの予定を個人Googleアカウントで管理している場合などは特に便利です。

『ON: Daily Schedule Message』で全予定確認

こちらの設定をオンにすることで1日の全部の予定をslackに通知してくれます。
通知をする時間もその日や前日など設定が可能です。
設定方法は、『ON: Daily Schedule Message』『change delivery time』を選択することで、画像のような画面になり設定が可能です

 

What days should your schedule be sent?とは?

Googleカレンダー内のスケジュールや予定を何曜日の通知を行うかの設定ができます。
選択肢は3つあり、『Everday』『Monday to Friday』『Sunday Though Thursday』です。
『Sunday Though Thursday』ですが、日曜日から木曜日の設定にすることで、翌日の予定を通知する際に便利です。

『Everday』…毎日通知

『Monday to Friday』…月曜日から金曜日の毎日

『Sunday Though Thursday』…日曜日から木曜日の毎日

Whuld you like Today’s or Tomorrow’s schedule?とは?

本日の予定を通知するか明日の予定を通知するかを選択できます。
選択肢が『Today’s』『Tomorrow’s』の2つです。

What time on those days?とは?

この設定では、通知を行う時間を設定できます。
こちらの設定では、30分単位で設定することが可能です。

ON: Automatically Update Slack Status』でステータス設定

こちらでは、ステータスの設定を変更できます。
最初に設定した、『会議中』とステータスが自動で変更させる設定をの「オン」「オフ」を切り替えることが可能です。

Googleカレンダーの予定をSlackで確認

Googleカレンダーの『ホーム』を選択し、ステータスを選択することで任意の予定を確認することができます。
わざわざ、Googleカレンダーを開かなくてもよていを確認することができるためとても便利な機能です。

まとめ

GoogleカレンダーをSlackと連携させることで、2つのツールを使用しなくて済み業務効率が格段にアップします。
slackには無料で追加できるアプリが10個までと制限がありますが、その中でもGoogleカレンダーを入れておいてまちがいありません。
ぜひ1度活用して、生産性を向上させましょう!

slackカテゴリの最新記事